FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンムーン環境の悪統一について思うことその2


第6世代とくらべてサンムーンで調整され、仕様そのものが変更になったシステムがいくつかあります


今回は悪統一視点でそこらへんをまとめてみました、





個人的な6世代からの変更点


2 露骨な弱体化

前作で暴れてたポケモンがそろって修正食らいました、並べていきます


・ファイアロー

特性はやてのつばさがHP満タン時のみ飛行技優先度+1に

弱い

羽休め連打はもちろん、反動のあるブレバも一発打ったら死に特性になりました
もはやなんの脅威もなくなりました、他の調整もらったポケモンはそれでも普通に最前線で戦えるのですがアローだけものすごい弱体化でかわいそうなレベルです

剣舞型、ゴツメ型等々がまともに戦えなくなったのでアローを愛用していた人は阿鼻叫喚でしょう・・・ざまあ
ある意味どんな型にも調整できて上から殴れるファイアローというポケモンがいたおかげで、抑制されていたポケモンもいるのでアローが消えたことはサンムーン環境に大きな影響がでそうです



・ガルーラ

おやこあいの二回目の攻撃が2分の1から4分の1に

ちなみに判定は今まで通り二回です、クソ

ガルモンゲーはゲーフリも流石にまずいと思ったのか案の上修正、修正されるということは環境予測が甘かったってことなんだからちゃんと考えろ増田

これにより補正ありガルーラのグロパン二発+A二段階上昇恩返しを特化バルジが耐えるようになりました

ガルーラに即後出しして返しのイカサマでガルーラが落ちるので、バルジを残したまま次のポケモンと対面することができるようになります、これはでかい



・ゲンガー

特性が浮遊から呪われボディに

メガ前から地面が通るようになりました、終盤のビアルの一貫が増すようになります
ただマニュやらで叩きで相手をする際に不安が残るようになったのでなんともという感じ

どちらにしろ悪統一はゲンガーを呼びずらいので関係ないんですが、ゲンガーの弱体化でPTの中からゲンガーという悪に弱いポケモンが1枠消費されているという機会が、少なくなることの方が危惧されます



・ボーマンダ、ニンフィア、サーナイト

スカイスキン、フェアリースキン、フリーズスキンの倍率が1.3倍から1.2倍に

まだ潜ってないエアプなんですがそんなに影響でなさそうです
1.2倍でもニンフィアがハイボ連打するだけで悪統一は死にます

大人しくフェアリーのメインウエポンはマジシャにしとけ

ただ今作ではじごくづきという音技を2ターン使えなくする物理悪80技が追加されています
フェアリースキンの効果はほぼほぼタイプ一致に倍率かけてハイボ撃つという効果と言ってもいいので上から殴ってハイボ封じて勝ちという胸おどる展開があるかもしれません

ここらへんは実戦積んで確かめたいところ




前作までトップメタで弱体化したポケモンで真っ先に挙がるといえばこれくらいでしょうか

後はボルトロスとかも弱体化してるんですがそれはまた話がそれるんで個別記事にしようと思います

ちゃんと書くネタを残しておこうな


前作と比べてここまで大きな修正が入ったのは初めてではないでしょうか

インフレを抑えるためかと思いましたが、今作ではさらなるインフレを助長するポケモンが追加されまくり、ORASと比べて悪統一は厳しいと言わざるを得ない状態が続いています

環境がまた一周すれば変わると思うので挫けずにいきましょう



では








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウサギ

Author:ウサギ
今作も悪統一でレートとか細々と頑張っていきます

たまにポケモン以外のことも書きます


失踪しないぞ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
かうんた
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。